安心・安全の本当の意味を考える

毎日の食卓に欠かせない野菜。味や価格はもちろん、安心・安全も選ぶ時の基準として大切な要素。
しかし、その基準となる物はあまり知られていないのが現状です。

例えば「有機野菜」。なんとなく体に良い安全な物と感じている方も多いかもしれませんが、
定義としては「化学肥料や化学農薬を使用せず、有機肥料などで農作物や土の能力を生かす栽培法」
人ではなく環境に優しい栽培方法のことを指しています。
もちろん、農作物や土に優しければ結果的には人に優しいことに繋がりますが、
体に良い基準は特に設けられてはいないのです。


農業で大切なのは”良い環境”で作られているかということ。
加工品で言えば、良い工場で生産された製品です。
私が特に気を配っているのは、農薬を全く使わない事ではなく、決められた基準の中で正しく使用すること。
決まりを守って栽培することが安心・安全に繋がると考えています。

また、美味しい野菜を作るには肥料は欠かせません。
これに関しても、「うちはたい肥を使っているから安心」というだけでは不十分。
「たい肥」とは有機物を微生物によって完全に分解した肥料のこと。
充分に完熟したたい肥を使っているかが重要です。

きまりを守り、正しい栽培方法を行っている農場を知るためにはどうするか。
その一つの基準として「GROBALGAP」(グローバルギャップ)という第三者認定機関があります。
これは「農業生産の環境的・経済的及び社会的な持続性に向けた取組み」・・肥料、農薬の
使用に関する基準を守る事はもちろん、従業員の労働環境も整える事が必須で、その結果
安全で良質な農産物が作られるという考え方。
ドイツで生まれ、日本国内ではまだまだ取得してる農場は少ない規格です。
「けーあいファーム」では消費者のみなさんに、本当の意味での安心・安全な農作物をお届けするため
2年後の「GRPBALGAP」取得を目指した取組みを行っています。


おいしい野菜の選び方

スーパーの店頭に並ぶ野菜は、どれも形やサイズが揃っていて気持ちがいいですね。
これは選別されて規格に合ったものを販売しているから。
家庭菜園の経験がある方なら、綺麗な形をした野菜を育てることの難しさを感じたことがあるのではないでしょうか?
我々生産者は、消費者が求める(売れる)野菜を作るのが仕事で、
それに対しての研究や努力を日々行っています。
それでも時には規格外の野菜ができてしまうこともあります。
野菜の直売所などでそんな野菜を見かけたことはないでしょうか?

「少しぐらい形が悪い方が美味しい」と言う方もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。
曲がったきゅうりが美味しいという根拠は無く、きゅうりは本来まっすぐで、適度な太さがあり、
表面のトゲがしっかりしているものが美味しいのです。
トマトだって、丸くて真っ赤に熟しているもの、キャベツやレタス、白菜などはしっかりと葉が巻いているものが一番。
見栄えの問題だけではなく、形や色つやが良いということは野菜が健康に育っている証拠だからです。

良い環境や充分な栄養と水を与えることで野菜は元気に育ちます。
もちろん天候によっても出来は左右されますが、それも見越した上で環境を整えることが必要です。
曲がったきゅうりができてしまうのは生育の途中で何か妨げになるものがあったり
栄養不足や水不足などによる生育不良が原因であると考えられます。

また、化学肥料を使っているから美味しくないとか、安全じゃないではなく、適切な亮を適切な方法と
タイミングで使用することで、安心・安全でなおかつ美味しい野菜を作ることができると考えます。

そうしてできた野菜は、形、色つやともに良く、もちろん味の良いものになります。

美味しい野菜を選ぶ時には、そんなことを思ってみてはいかがでしょうか?
野菜にとって味はもちろん、見た目も重要です。
人間と同じですね(笑)

害虫対策

以前、ホームセンターで家庭菜園講座を行った時のこと。
相談で多かったのが害虫対策でした。
害虫への対策で一番効果的なのは農薬で、最近ではホームセンターなどでも手軽に入手できるようになりました。
とは言え、使用法を間違えると怖い物。濃縮タイプでは、2000倍、4000倍に薄めて使うタイプが多いのですが、
この倍率をきちんと守っていますか?
バケツ一杯なら一滴ぐらいですが、これがもし2滴入ってしまったら・・・・・。
我々の仕事の中でそういうことが怒れば、その野菜は出荷停止。
少しの量が重大なことに繋がります。
たかが一滴、されど一滴なのです。
家庭菜園では誰かが農薬の量をチェックする訳ではありませんので、記載された用途・用法を守りましょう。

農薬もかけたからといって必ずしも速効性があるわけではありません。
効かないからと言って量を増やせばよいというものでもありません。
ポイントは、かけるタイミング。


アオムシなら、卵や成虫ではなく、ふ化した幼虫にかけてこそ効果があるのです。
ですから、毎日の観察はとても大切。
一番簡単なのは畑に飛んできたチョウチョをみつけること。
チョウチョは楽しくて飛んでいるわけではありません。訪れるのは卵を産むため。
「チョウチョを見たら卵を探せ!」ですよ。葉の裏などをよく探してみてください。

そしてアブラムシ。
野菜ならトウモロコシ、なす、トマト・・・。バラにも見られる害虫です。
これも殺虫剤が市販されていますが、手軽で安全な対策なら牛乳がオススメ。
方法は500倍に薄めた牛乳を霧吹きなどでアブラムシに直接吹きかけることで、牛乳の粘膜が退治してくれます。
ですが、これもあまり大量発生すると効果がありません。
一匹でも見つけたら、こまめにシュッシュとやってみて下さい。
牛乳は人体に無害ですので毎日かけても心配ないですよ。

害虫対策でいずれも大切なのが使う時期。
毎日作物を観察し、向き合うこと。

大切に育てて楽しく収穫の時期を迎えましょう。